知って得するコンテナハウス

コンテナハウスとはどのような家のことを
言うのでしょうか。オシャレに現代社会を生きたい!という方々に、コンテナハウスがまさにマッチングしているかもしれません。

コンテナハウスが、どのようなものを言うのはじっくりリサーチ・考察さしてみましょう。

コンテナハウスを探すなら

コンテナハウスとは

あなたも、いま、現代社会をオシャレに生きたいというのなら、コンテナハウスというのもひとつの選択肢かもしれません。

コンテナハウスとは、建築用に作られたコンテナを使った合法の建築物としての住居のことです。

コンテナハウスは自由にを作って構わないということではなく、”建築基準法”に則るといいうことも、コンテナハウスと向きあう人たちにとって大事なことです。

一般的には、コンテナハウスは、海上輸送で使用されていたコンテナを、リーズナブル価格で購入して、自作で家造りをすることをイメージするかもしれません。そのような気楽なモチベーションで、コンテナハウスに住むことができるのが、本当に理想と言ってもいいかもしれませんが。

昔は、そのようなことが可能だったとしても、現在では、コンテナハウスに対して、厳しい規制があったりもします。まず、コンテナハウスは、建築基準法に則る必要があり、ISO海洋輸送用の中古コンテナを気軽に住居にしようということは、ほとんど不可能になってしまったようです。

建築基準法に則ったコンテナハウス

実際にコンテナハウスを作ろうとする人たちは、JIS鋼材で造られている、またJIS認定工場で溶接が行われているという条件をクリアしなければならないです。

建築用コンテナを国内で製造しようとすれば、本来リーズナブルだから魅力であるはずなのに、高額になってしまうこともあるでしょう。なんと言ってもコンテナハウスのメリットは、やっぱりリーズナブル価格なのです。

そのために海外でJIS認定工場を探すという作業も必要になってくるかもしれません。しかし、なかなかそのようなところを見つけることも難しいかもしれません。

コンテナベースで言えば、中国の提携工場で建築用コンテナを製造して、輸入というスタイルで使用をします。

やっぱりコンテナハウスはリーズナブルがメリットだと思う

コンテナハウスは、重量鉄骨の建築物ということであり、リーズナブル価格で作ることができる建築です。

ただし、実際には木造と比較しても、高くついてしまうことは多々あるかもしれません。やっぱりコンテナハウスに対してのそれなりのノウハウは絶対に必要になって来るのではないでしょうか。