知って得するコンテナハウス

コンテナハウスが非常に話題です。あなたもいま、どのようなコンテナハウスがあるのかインターネットでチェックしている頃ではないでしょうか。

そして、そのとき、コンテナハウス以外、いろいろな用語があることに気付かれたことでしょう。

おおかた、あなたは、プレハブハウス・ユニットハウスという言葉に目がとまったことでしょう。コンテナハウス、そして、プレハブハウス、ユニットハウス、それぞれどのような意味の違いがあるのか、ここで解説しましょう。

コンテナ・プレハブなら

コンテナハウス、ユニットハウスの違い

大方、コンテナハウスを購入しようと思った人たちは、それ以上ユニットハウスの販売記事を目撃するのではないでしょうか。コンテナハウスとユニットハウスには、一体どのような違いがあるのでしょうか。

ユニットハウスは、 工場内で生産する建築物のことです。ユニットハウスの場合は、80%程度を工場で生産してから現場に移動して、設置することになります。

ユニットハウスは、あらかじめ工場生産だから、 施工者、職人の腕によって、出来が左右されるということも
ないでしょう。

ユニットハウスの魅力は、 一定の品質をしっかり維持することができ、スピーディーに作ることができる点です。

またユニットハウスは、窓の位置やドアの位置はパネルを組み合わせることができ、自在に設置することができます。

コンテナハウスとは

では、コンテナハウスとはどのようなタイプのものを言うのでしょうか。コンテナハウスは、実際には、ユニットハウスと同じ種類のひとつに過ぎないものです。

ですから、コンテナハウスをユニットハウスと言っても間違いではありません。ただし、ユニットハウスは「軽量鉄骨」で、コンテナハウスは「重量鉄骨」で作られているという違いがあります。

鉄骨の太さに対して違いがあり、 重量鉄骨は6mm以上であり、軽量鉄骨は6mm未満とされています。

プレハブハウスとは

では、プレハブハウスはどのようなものを言うのでしょうか。プレハブハウスも、「軽量鉄骨」です。では、プレハブハウスとユニットハウスには、どのような違いが出てきてしまうのかという問題ですが。

ユニットハウスとプレハブハウスの違いは、ユニットハウスが、施行時間がだいたい一日程度なのに対して、 プレハブハウスは、工程が10日ほどかかる場合があります。

ユニットハウスは、雨天でも工事を決行することができ、換気扇やコンセント、照明などを標準装備しています。

ユニットハウスは、ユニック車で搬入し、組立を行うので人件費も少ない方法です。