知って得するコンテナハウス

コンテナハウスはリーズナブルに建てることができるイメージが相当高くあります。ただし、コンテナハウスが
実際に、滅茶苦茶安い訳ではないこともあります。

コンテナハウスの住居を建てたとき、後悔しないためにも比較することは大事ではないでしょうか。

実際に、コンテナハウスは、木造建築と比較してどうなのでしょうか。

おすすめのコンテナハウス

コンテナハウスの魅力

最近の若い人たちは、簡単にコンテナハウスという選択をするのではないでしょうか。あなたの個性を住居に表現したいというのなら、コンテナハウスの選択肢は正しいかもしれません。

最近では、かつ中古コンテナを使用して、自分で好きなようにカスタマイズされる方々も多くいます。

実際にコンテナハウスは、木造建築と比較して、コストパフォーマンス、メリット・デメリットあたりはどうなのでしょうか。

建築用としてのコンテナ

日本でコンテナハウスを住居にした場合、海上コンテナとは違い、建築用としてのコンテナであることもしっかり抑えておく必要があるのではないでしょうか。

そもそも建築用としてのコンテナは、国内建築のために製造されている専用コンテナなのです。

海上コンテナと構造にも違いがあり、厚みを持っている鋼材を柱とした重量鉄骨造である必要があります。

海上コンテナを、そのまま住居として使用してしまうと、窓やエントランスなどの場所を壁に穴をあけて作ってしまうことで、非常にもろいデキになってしまうでしょう。

建築用としてのコンテナを選択した場合、重量鉄骨で構造を作ることになりますので、開口部分を作っても、頑丈な住居を維持することができます。

2階・3階のコンテナハウスも作ることができます。

しかし、海上コンテナをそのまま使用するということではありませんので、あなたが想像しているよりも高価な買い物になってしまうでしょう。

だから、当然木造建築と比較して、コンテナハウスはリーズナブル価格だと思っているものの、期待が裏切られることは多々あります。

それでもコンテナハウスがおすすめの理由

しかし、それでもコンテナハウスが木造建築と比較していいということがあります。

木造建築は、一度建築してしまえば、ずっとその土地から移動させることができませんよね。コンテナハウスの選択肢なら、住まいをまるごとどっか違う場所に移動ということも出来てしまうのです。

コンテナハウスは、高くつくこともあるかもしれませんが、40年以上も頑丈さを保つことが出来、相当長く使い続けることができるのもおすすめしたい理由です。