知って得するコンテナハウス

コンテナハウスが非常に注目されていますが、私はプレハブハウスがいい!という方々も間違いなくいらっしゃるのではないでしょうか。

プレハブハウスと比較することで、コンテナハウスの魅力を知っていただきたいと思います。

プレハブハウスと比較

コンテナハウスは、 建築用に開発された厚さ6mm以上の鉄骨(重量鉄骨)を使用しています。

プレハブの工法とは違って、 現場に搬入する前には、ドア、サッシなどを取り付けて完了させてしまうので、現場でスピーディーに施行を完了させることができます。

コンテナハウスは、工場で組みあげてしまい、あとは、スピーディーに現場搬入OKです。すぐに設置という意味あいでは、コンテナハウスの方がおすすめです。

かつ、リーズナブル料金で実現するのも、コンテナハウスと言っていいでしょう。

プレハブハウスは軽量鉄骨ですが、重量鉄骨のコンテナハウスの方が、長持ちさせることができます。

コンテナハウス、プレハブハウスどっちがいいのか

施工時間で言えば、プレハブハウスは、 おおむね7~10日程度時間はかかってしまうことでしょう。プレハブハウスは、やっぱり部材は現場で組み上げているから時間がかかってしまうことになります。そして、天気が悪かったりすれば、更に時間がかかってしまうことでしょう。

しかし、コンテナハウスは、 搬入作業で基本済ますことができるから、雨の日でも問題はなく、1~2日で完了というのもおおいにあり得る話しです。

また、プレハブハウスの場合は、10年以上使用することができますが、軽量鉄骨造は、やや、耐久性には問題と言われています。

コンテナハウスをあなたが選択した場合、コンテナハウスとは、そもそも海上輸送のためのコンテナなので、耐震性・耐久性をかなり意識して設計していると言っていいでしょう。

コンテナハウスという選択肢なら、40年以上もの使用まで期待することができます。もちろん、あなたがしっかりコンテナハウスのメンテにも関わったという話しの上ですが。

コンテナ4つ分の重さに耐えられる構造が成立しているため、雪の多い地域でも、耐久性がダウンしてしまうことはありません。

また、快適感は、プレハブハウス、コンテナハウスどっちなのかと言えば、壁が厚いコンテナハウスのほうが防音性・断熱性も優れているとされています。

コンテナハウスだったら、 断熱処理によって、夏、冬でも温度・湿度をコントロールしやすくすることができます。

結果、なんとなくコンテナハウスの方がおすすめという感じなのではないでしょうか。